パナマハット、歴史と伝統が流れる、粋な紳士のための定番

パナマハット、歴史と伝統が流れる、粋な紳士のための定番

もしかしたら帽子を持っていない「自称・ジェントルマン」は多いかもしれません。しかし、帽子はその昔、紳士たるもの、必ず身につけなければならないものでした。現在も着用されている多くの帽子は、19世紀の後半から20世紀には、既にポピュラーになっていたものが多いのですが、この頃のヨーロッパでは、帽子に関するエチケットとして、以下のようなことが語られていたそうです。
 
もしその人物が家の中に入って来て、帽子を脱ぐようなら真の紳士。
帽子を脱がないのなら紳士のふりをしている男。
そして帽子をかぶっていない人物は、紳士のふりをすることさえあきらめている男。
参考:Wikipedia 帽子
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%BD%E5%AD%90
 
当時のヨーロッパでは、「ボーラーハット(山高帽)」が礼装とされていました。軍隊においては、この帽子に関するエチケットは厳しく徹底されていたようです。
 
そう、帽子をかぶっていない男は、紳士をあきらめているのです。
 
しかし、現代日本人のライフスタイルを考えれば、帽子をかぶっていないことが、即、紳士ではないということにはなりません。私たちはビジネス、そしてカジュアルなど、さまざまな生活の場面で服を着こなし、マナーを考え、そして帽子もかぶりこなしています。
 
帽子は太古の昔から人類と共に進化してきました。その土地の風土に合った形で進化してきた帽子は、いつしか「階級」を表す象徴となったり、ファッションアイテムに取り入れられたりするようになりました。
 
今回は、機能的にも、そしてカジュアルからフォーマルまで幅広く取り入れられる、ファッション的柔軟性をもったすばらしい帽子についてご紹介します。帽子とその産業が文化として認められた「すごい帽子」。それが「パナマハット」です。

パナマハット|メンズブランドの通販

パナマハットのかぶり方

パナマハット(黒)

パナマハットの手入れ