パナマハット、歴史と伝統が流れる、粋な紳士のための定番

パナマハットを購入する際に気をつけること

2018年08月03日 18時47分

ハイクオリティーの「パナマハット」は、長い間受け継がれてきた職人技により生み出されます。UNESCO無形文化遺産にまで指定された、完全手作りのパナマハットを購入する際に気をつけたいことをまとめてみました。
 
  • 信頼できるショップや通販で購入する
信頼のおけるショップ。そうは言っても、なかなか探し出すのは難しいものです。実店舗を構えているショップであれば、実際に行ってみて、「パナマハット」について質問してみるといいでしょう。特に原産地と素材については要チェックです。原産地はエクアドル。素材はトキヤ草(パナマ草)です。通販の場合も同様にメールなどで質問してみましょう。通販の場合は、返品や交換、発送時期についても必ず確認しておきましょう。
 
  • 値段で選ぶのではなくクオリティーを追求する
購入できる範囲で、できるだけハイクオリティーの帽子を選ぶようにしましょう。本物の「パナマハット」は、パナマ産のトキヤ草を使って作られたものだけです。
 
  • 本物のパナマハットで歴史と伝統を感じる
我々の生きる現代の日本において、帽子をかぶることがかならずしも紳士の証ではありません。帽子には「機能的」な側面もあります。帽子は暑さや寒さ、そして外的な衝撃から頭を守ってくれます。帽子は「機能的」なことを中心に進化してきたことは明白です。しかしその進化の過程で、帽子はステータスの象徴となり、エチケットとなったのです。
 
「パナマハット」は、元々は南米エクアドルで作られ、その地域のみで取引されていた帽子でした。しかし、強い日ざしの降り注ぐパナマに輸出されたことにより、世界的に知られるようになりました。17世紀から現代まで受け継がれてきた伝統文化。その繊細さと粋を、本物の「パナマハット」で感じてみてください。

関連ページ